beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

書籍発売記念!内田篤人の8年半を写真で振り返る(22枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 内田篤人がドイツ・シャルケに移籍してから鹿島アントラーズ主将に就任した現在までを描いたノンフィクション、『内田篤人 悲痛と希望の3144日』(了戒美子著)が、内田の31回目の誕生日となる3月27日に講談社から発売となる。

 そこで発売を記念し、書籍の内容にちなんだ内田の名場面を一挙にお届けする。
 書籍の購入はこちら
写真を見る
photo-news
2010年7月、ドイツ・ブンデスリーガ1部の強豪シャルケに移籍
photo-news
加入から間もなく、内田篤人はレギュラーの座をつかむ
photo-news
シーズン途中の11年1月にはアジアカップ優勝に貢献
photo-news
長友佑都擁するインテルと激突。CL初の日本人対決が実現した
photo-news
力の差を痛感させられたCL準決勝マンチェスター・ユナイテッド
photo-news
10-11シーズン最終戦のドイツ杯で優勝。充実の“ルーキーイヤー”だった
photo-news
“ウッシー”はシャルケサポーターからも絶大な人気を誇った
photo-news
日本代表でも中心選手に。吉田麻也とはプライベートでも親交
photo-news
香川真司とともにブンデスリーガを代表する選手に
photo-news
アーセナル時代のルーカス・ポドルスキ(神戸)とも対戦
photo-news
ブラジルW杯4か月前の14年2月9日、内田は大怪我を負ってしまう
photo-news
リハビリを経て3か月後に実戦復帰。自らのゴールで祝った
photo-news
初めてピッチに立ったW杯は1分2敗で幕を閉じた
photo-news
バヒド・ハリルホジッチ元日本代表監督からの評価も高かった
photo-news
内田のモチベーションだったCL。日本人2位の通算29試合に出場
photo-news
手術とリハビリ。15-16シーズンは一度もピッチに立てなかった
photo-news
16年12月8日、1年9か月ぶりに復帰するも再び怪我と向き合う
photo-news
ロシアW杯のために…7シーズンプレーしたシャルケを離れる
photo-news
17年8月、ウニオン・ベルリンへ移籍するも怪我との戦いは続いた
photo-news
18年1月、鹿島アントラーズに電撃復帰。ロシアW杯を目指した
photo-news
ACLを制しCWCに出場。レアルとも再戦を果たした
photo-news
19シーズン、鹿島第5代キャプテンとしてチームを牽引する

TOP