beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

ビデオ判定もカードもなし…サラーの“危険な踏みつけ”が物議(6枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は9日、準々決勝第1戦を行い、リバプール(イングランド)が本拠地アンフィールドでポルト(ポルトガル)を2-0で下した。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
写真を見る
photo-news
FWモハメド・サラーの危険な踏みつけが物議
photo-news
ボールへの執念が裏目に出た
photo-news
後半38分、ボールを取り戻そうと足を伸ばすサラー
photo-news
クリアを試みたMFダニーロ・ペレイラのすねを踏みつける格好となった
photo-news
悪意はなかったかもしれないが、完全にサラーの足がペレイラのすねに入っている
photo-news
主審はファウルを取るも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は適応されず、カードもなしだった

TOP