beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[関東大会予選]新人戦は支部大会敗退の埼玉栄が王者破り、埼玉準々決勝へ(18枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 2019年度関東高校サッカー大会埼玉県予選2回戦が14日に行われ、県新人戦優勝校の昌平高埼玉栄高が対戦。埼玉栄が延長戦の末、3-2で逆転勝ちした。
写真を見る
photo-news
主将の右SB井上孝太朗(3年)が相手の突破をストップ
photo-news
守備的ボランチMF渡邊大祐(3年)は相手の中央突破を阻止した
photo-news
10番MF大倉良太郎(3年)は一発のあるところを示し、同点ゴールを演出
photo-news
CB石束駿典(3年)は守備範囲の広い守りで勝利に貢献
photo-news
CB久志本大地(3年)が必死に身体をぶつけて相手の突破を阻止する
photo-news
好セーブを見せたGK高橋彬人(3年)は勝利の立て役者の一人に
photo-news
左SB中谷隼(3年)は相手のサイド攻撃に対抗
photo-news
トップ下の位置で崩しに絡んだMF小山翔(3年)
photo-news
献身的なプレーでチームを支えたMF桑田祐輔(2年)
photo-news
ドリブルで持ち込んだMF藤巻大世(3年)が右足シュート
photo-news
MF海津遼馬(3年)は高精度のキックで1ゴール1アシスト
photo-news
交代出場のMF鈴木湧大(3年)は抜群の跳躍力で空中戦を制していた
photo-news
交代出場のFW岡田滉士(2年)は爆発的な突破で脅威に
photo-news
CB石束駿典(3年)がスペースへの攻撃に対応
photo-news
CB久志本大地(3年)はキックにやや波があったものの、素晴らしいフィードも数本
photo-news
中盤で存在感ある動きを見せたMF渡邊大祐(3年)
photo-news
MF大倉良太郎(3年)はコンディションが万全ではなかったものの、前線で怖い存在に
photo-news
右SB井上孝太朗(3年)は負けないチームの中心的存在

TOP