beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

18日デュッセルドルフ国際開幕!日本高校選抜18戦士がボルシアMG戦から世界に挑む(18枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第57回デュッセルドルフ国際ユース大会に出場する日本高校選抜が17日、ドイツ・デュッセルドルフ入り。大会メーン会場の隣でトレーニングを行った。
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ
★日本高校選抜の活躍を プーマ フットボール公式Instagram アカウント でもチェック!
第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会公式サイト(別サイトに移動します)
写真を見る
photo-news
サイドでのスプリントと攻め上がりからのシュートも期待のSB後藤裕二(矢板中央高→順天堂大)
photo-news
高さとスピード、賢さも兼ね備えた大型CB西田翔央(東福岡高→早稲田大)
photo-news
シュートストップに加え、キックに注目の攻撃的GK松田亮(東福岡高→東京国際大)
photo-news
“半端ない”FW染野唯月(尚志高3年)は欧州でも驚異となるか
photo-news
チームの“お祭り男”CB吉村仁志(大津高→流通経済大)。ユトレヒト戦でヘッド2発
photo-news
トレーニングで左足の弾丸ミドルを決めてコーチ陣、チームメートをどよめかせていたMF武田英寿(青森山田高3年)
photo-news
SB水野雄太(大津高→早稲田大)はライン際を攻略してゴールをもたらす
photo-news
朝岡監督との会話で引き締まったMF鈴木唯人(市立船橋高3年)。抜群の技術力発揮へ
photo-news
Jリーガーとして違いを生み出すMF秋山裕紀(前橋育英高→新潟)。チームのキーマン
photo-news
個人技が注目されるMFバスケス・バイロン(青森山田高→いわきFC)だが、意識の高さへの評価も高い
photo-news
トレーニングから周囲に要求していたFW宮崎純真(山梨学院高→甲府)。JリーガーのエースFWは初戦からゴールを連発する
photo-news
チームの“心臓”MF天笠泰輝(青森山田高→関西大)。選手権で評価を高めたMFが世界に挑戦
photo-news
チームの肝となるMF岡井駿典(市立船橋高→中央大)。市船で朝岡監督に学んできたサッカーを世界相手に表現する
photo-news
チームの“闘将”DF白井陽貴(矢板中央高→法政大)。身体を投げ出してゴールを守り、勝利に貢献する
photo-news
左利きのCB大石悠介(山梨学院高→国士舘大)。高い能力を発揮して自信を掴むか
photo-news
豊島基矢(青森山田高→順天堂大)は左SBだけでなく、CBでの起用も有力に。攻撃を落ち着かせ、決定的な仕事もするか
photo-news
高速ドリブラー、SB松尾勇佑(市立船橋高→関西大)。昨年のチームのようにSBが連発してチームを勢いづける
photo-news
チームリーダーのGK飯田雅浩(青森山田高→国士舘大)。しっかり準備して大会に臨んでいる守護神が日本を勝たせるプレーをする

TOP