beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

プリンスリーグ中国の上位対決は岡山学芸館が立正大淞南に3発快勝(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019中国は27日、第4節を行った。岡山学芸館高(岡山)対立正大淞南高(島根)戦は岡山学芸館が3-0で快勝した。
●高円宮杯プリンスリーグ2019特集
写真を見る
photo-news
先制点を決めた岡山学芸館MF佐竹壱彗(3年、左から2番目)を中心に喜びの輪が広がる
photo-news
岡山学芸館の先発メンバー
photo-news
立正大淞南の先発メンバー
photo-news
岡山学芸館の右からのセンタリングを、立正大淞南GK豊田純平(3年)が判断良くパンチング
photo-news
右サイドから突破を図る岡山学芸館MF佐竹壱彗(21番、3年)
photo-news
敵陣をドリブルで進む岡山学芸館MF山田龍之介(10番、3年)
photo-news
左サイドからカットインしてシュートを放つ岡山学芸館MF末瀬由太郎(中央、2年)
photo-news
岡山学芸館は前半42分、MF谷本壮太朗(3年)のシュートがブロックされたこぼれ球を、MF佐竹(左端)が蹴り込んで先制
photo-news
後半、立正大淞南はMF山田真夏斗(10番、3年)を中心にゴールに迫る
photo-news
立正大淞南のクロスに対し、岡山学芸館もGK國本希来(3年)など守備陣が対応
photo-news
後半、立正大淞南はMF山田真夏斗の右CKを山田真人(24番、3年)がヘッドで合わせる。「やまだ・まなと」同士のホットラインだったが、左に外れて決まらず
photo-news
開幕から3試合連続ゴール中の立正大淞南MF片淵竜鳳(13番、3年)だったが、この日はシュートゼロに終わった

TOP