beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

アクシデントもあった仙台、“メリット大”の勝ち点1(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ルヴァンカップのグループリーグ第5節が8日に行われ、FC東京ベガルタ仙台は0-0で引き分けた。

●ルヴァン杯2019特設ページ
写真を見る
photo-news
GKが負傷交代するアクシデントもあった仙台だが、1ポイントを積み上げてグループ首位突破が決定
photo-news
首位通過を決めたことで、6月23日のJ1第16節・FC東京戦、同26日のルヴァン杯プレーオフステージ第2戦、同30日のJ1第17節・札幌戦、7月3日の天皇杯2回戦と、過密日程の4連戦を全てホームで戦えることになった
photo-news
右サイドバックで先発フル出場したMF道渕諒平
photo-news
MF関口訓充は左サイドハーフを務め、後半アディショナルタイム2分までプレーした
photo-news
プロ3年目の道渕は今季、甲府から仙台に完全移籍
photo-news
関口は昨季に6年ぶりとなる仙台復帰
photo-news
梁勇基とのダブルボランチで先発したMFシマオ・マテ
photo-news
相手を厳しくマークした
photo-news
最終ラインを統率したDF大岩一貴
photo-news
大岩とのセンターバックコンビで相手の攻撃を跳ね返したDF平岡康裕
photo-news
ここまでJ1リーグ戦8試合、ルヴァン杯2試合に出場
photo-news
仙台は後半アディショナルタイム2分に18歳ルーキーのMF田中渉をピッチへ送り出すと、そのまま0-0でタイムアップを迎えた

TOP