beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

なぜ?殊勲のワイナルドゥム、クロップ監督に激怒していた(10枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は7日、準決勝第2戦をアンフィールドで行った。第1戦を0-3で落としたリバプール(イングランド)がバルセロナ(スペイン)を4-0で下し、2戦合計4-3で2年連続ファイナル進出を決めた。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
写真を見る
photo-news
途中出場で2ゴールのMFジョルジニオ・ワイナルドゥム
photo-news
第1戦は3トップ中央で先発出場していた
photo-news
後半9分、アレクサンダー・アーノルドのクロスから相手に当たったボールを右足でねじ込んだ
photo-news
後半開始早々の得点がリバプールを勢いづけた
photo-news
後半11分には、シャキリにのクロスをヘディングシュート
photo-news
打点の高いシュートを叩き込んだ
photo-news
欧州CLでバルセロナ相手に途中出場から2ゴールを決めたのは史上初
photo-news
リバプールの英雄に
photo-news
だが、ワイナルドゥムは指揮官に激怒していたという
photo-news
「ベンチスタートで監督には本当に怒っていたよ。僕は力を証明する必要があった」

TOP