beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

C大阪FW兄に持つ山根成留、山根留偉の兄弟マッチアップも実現!広島皆実が如水館を4-0で破り、3年ぶりV!:広島(14枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)広島県予選決勝が9日に行われ、広島皆実高如水館高を4-0で下し、3年ぶり15回目の出場を果たした。
●【特設】高校総体2019
写真を見る
photo-news
広島皆実は後半16分、MF牛原克(3年)が左足でこの日2点目を蹴り込み、4-0とする
photo-news
如水館MF山根留偉(2年、左)と広島皆実DF山根成留(3年)の兄弟マッチアップ。2人の兄はC大阪FW山根永遠
photo-news
広島皆実の3年生メンバーがスタンドのカメラに向かって記念撮影
photo-news
優勝を喜ぶ広島皆実イレブン
photo-news
試合前に円陣を組んで気合を入れる広島皆実高のメンバー
photo-news
円陣で気持ちを高めて決勝のピッチに向かった如水館高のメンバー
photo-news
広島皆実の先発メンバー
photo-news
如水館の先発メンバー
photo-news
如水館MF新妻大喜(3年、11番)が突破を図るが、広島皆実の守備陣が素早く囲い込む
photo-news
広島皆実は前半24分、DF{山根留偉(2番)が決めて3-0とリードを広げる
photo-news
先制点を決めた広島皆実FW岡本拓海 (3年、11番)が後半、追加点を狙ってシュートを放つ
photo-news
広島皆実は4-0とした後も攻め手を緩めず。交代出場のFW閑田隼人(2年、20番)が思い切り良くシュートを放つ
photo-news
広島皆実のゲームメーカーMF田中博貴(3年)が優勝旗を手に笑顔
photo-news
3年ぶりのインターハイ出場を決め、応援団と「勝ちロコ」で喜ぶ広島皆実のメンバー

TOP