beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

U-17日本代表がU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に3-0快勝(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第23回国際ユースサッカーin新潟は14日、第2節を行い、U-17ワールドカップ(10月開幕、ブラジル)へ向けて準備中のU-17日本代表はU-17ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦。3-0で快勝した。

写真を見る
photo-news
U-17日本代表の先発イレブン
photo-news
MF中野桂太(京都U-18)は得意の左足でチャンスメーク
photo-news
MF田中聡(湘南U-18)は切り替えの速い守備で攻撃に繋げた
photo-news
GKヒル袈依廉(鹿児島城西高)はビルドアップで課題も。ファインセーブで無失点
photo-news
MF中野瑠馬(京都U-18)がGKをかわす
photo-news
田中聡はキープ力の高さも印象づけた
photo-news
相手のミドルシュートを的確に処理したヒル袈依廉
photo-news
サイド、中央でチャンスに絡んだ中野桂太
photo-news
中野瑠馬がスルーパスを狙う
photo-news
豊富な運動量と質の高い動きでチャンスに絡んだMF三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18)
photo-news
前日にボランチを務めた横川旦陽(湘南U-18)はこの日、CBとしてプレー
photo-news
高速SB畑大雅(市立船橋高)がクロスを上げる
photo-news
前日の初戦でゴールを決めたFW杉浦力斗(興國高)
photo-news
左サイドからゴール前に侵入するMF相良竜之介(鳥栖U-18)
photo-news
中盤の有力なレギュラー候補、MF成岡輝瑠(清水ユース)
photo-news
決定機を引き出した三戸舜介の課題はシュート
photo-news
畑大雅がスペースへ飛び出す
photo-news
横川旦陽がセットプレーからゴールを狙う
photo-news
杉浦力斗は得点チャンスに絡んだが……
photo-news
MF相良竜之介が左サイドから深く切れ込む
photo-news
豊富な運動量を持つ成岡輝瑠はゴールにも絡むか
photo-news
初戦で先発した野澤大志ブランドン(FC東京U-18)
photo-news
初戦で印象的なプレーを見せたDF藤田譲瑠チマ(東京Vユース)はこの日、登録外。最終戦で再び先発か
photo-news
森山佳郎監督はゴール前の質と回数向上を求める

TOP