beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

創成館は2年連続長崎準V、選手権で全国初出場狙う(15枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)長崎県予選準決勝が6月6日に行われ、県新人戦優勝の鎮西学院高とプリンスリーグ九州に所属する創成館高が激突。創成館が2-0で勝った。創成館は決勝で敗れて準優勝に終わっている。(
●【特設】高校総体2019
写真を見る
photo-news
創成館は悲願の全国まであと一歩
photo-news
最終ラインのハードマーカー、DF後藤翔(3年)
photo-news
長身FW平川尚樹(3年)が前線でキープ
photo-news
3トップの一角で攻撃力を発揮するFW嶋澤翼斗(3年)
photo-news
MF金子颯太(3年)がボールを収める
photo-news
後藤翔が前線へ配球
photo-news
左足フィード優れるDF江崎智哉(2年)
photo-news
ロングスローも備える
photo-news
1年生ドリブラー、村田颯がサイドを突破
photo-news
左ワイドのポジションを務めた一ノ瀬唯斗(3年)
photo-news
交代出場で存在感を示したFW大西克宗(3年)
photo-news
DF中村健人(3年)は後半31分にピッチへ
photo-news
MF岩崎雄永(2年)は中軸候補の一人
photo-news
DF田中翔太郎(3年)は交代出場で勝利に貢献
photo-news
“スッポンディフェンス“で白星を掴み取った

TOP