beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「そこは無視はできないところ」アクシデントの影響認める憲剛(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 J1第22節が10日に行われ、名古屋グランパスはホームで川崎フロンターレに3-0で勝利した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
写真を見る
photo-news
クラブ公式サイトを通じて試合を振り返ったMF中村憲剛
photo-news
川崎Fは大島が試合前に負傷し、代わって山村がスタメン出場
photo-news
中村は「リョウタ(大島)が出れなくなって、ヤマ(山村)が入ったのは無視はできないところ。ヤマが入った状態でうまくいくまでに時間がかかった。その間に2失点してしまった。そこで軽く混乱というか、攻守で自分たちが準備してきたことが出来なかった。そこは周りにいる選手の責任でもあるし、周りがうまくやるべきでもあった」と語る
photo-news
「控え組でもセンターバックをやっていたので、そこは難しかったし、ヤマには酷だったと思う」と山村を擁護した
photo-news
2試合連続で先発出場
photo-news
トップ下で攻撃をコントロールした
photo-news
チームは後半19分までに3失点を喫して完敗
photo-news
川崎Fのバンディエラは「負けてうなだれて、このままいくのか。もう1回やろうってなるのか。まだ諦めてない」と首位追撃を誓った

TOP