beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[和倉ユース大会]主力欠場も層の厚さ示した前橋育英、参加48チームの頂点に(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「第7回和倉ユースサッカー大会」は10日午後、決勝戦を行い、前橋育英高(群馬)と浜松開誠館高(静岡)が対戦。1-1で突入したPK戦を4-3で制した前橋育英が2度目の優勝を飾った。
写真を見る
photo-news
前橋育英が参加48チームの頂点に立った
photo-news
渡邉主将欠場の穴を埋めたMF栗原諒(3年)
photo-news
左SB並木歩己(3年)は正確なクロスを上げていた
photo-news
攻撃のキーマン、MF倉俣健(3年)
photo-news
縦突破に加え、強烈な左足も特長だ
photo-news
MF熊倉弘達(2年)が1タッチのラストパス
photo-news
右SB大野篤生(2年)がクロスバー直撃のヘディングシュート
photo-news
FW中村草太(2年)が抜け出しから決定的なシュート
photo-news
GK高橋怜士(3年)はPK戦でヒーローに
photo-news
安定した守備でチームを支えた
photo-news
FW山岸楓樹(3年)は前線で技術を発揮
photo-news
DF2人に挟まれながらもボールを繋ぐ
photo-news
山田耕介監督は2度目の優勝
photo-news
ドリブルで持ち上がるMF西山蓮平(3年)
photo-news
MF國分健助(3年)は前線でチャンスメーク
photo-news
FW我妻岳(3年)が前線で粘る
photo-news
主力の渡邉や山田が不在の中で優勝。プリンスリーグ後半戦、そして選手権へ向けて弾みをつけた

TOP