beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

玉野光南は身体能力高い2年生FW岸本と右SB川尻がゴールをアシスト(6枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権岡山県予選準決勝が29日に行われ、インターハイ予選優勝の作陽高玉野光南高が激突。玉野光南がFW野口幹太(3年)の2ゴールによって2-0で勝ち、決勝へ進出した。

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
玉野光南のFW岸本大雅(2年)は交代出場で抜群のスピードを発揮
photo-news
後半22分、GKをかわして先制点をアシスト
photo-news
右SB川尻裕也(3年)は後半36分に2点目のゴールをアシスト
photo-news
相手のクリアを打点の高いヘッドで跳ね返して1点目の起点に
photo-news
俊足FW岸本大雅は決勝でゴールを誓う
photo-news
川尻裕也は身体能力の高さを活かしてチャンスに絡む

TOP