beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

矢板中央が3連覇王手! 宇都宮短大附はあと一歩も…3年連続王者の壁に屈する(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権栃木県予選は4日、栃木グリーンスタジアムで準決勝を行い、第1試合は矢板中央高宇都宮短大附に2-1で勝利した

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
途中交代のMF星景虎(1年)が強烈なショットでニア上をぶち抜いた
photo-news
苦しい時間帯が続いただけに、待望の同点ゴールに沸く矢板中央
photo-news
ハイボールに対して、安定したキャッチングを続けた宇都宮短大附GK宮田航成(2年)
photo-news
前半16分のピンチは横っ飛びで弾き出す好セーブで凌ぎ、守備から先制の流れを呼び込んだ
photo-news
高精度のキックでゴールを奪ったMF関本真尋(3年)
photo-news
33分、左CKで蹴り上げたボールが直接弾となった
photo-news
MF岩本敬太(3年)は前線からの守備でも貢献
photo-news
攻守をつないだMF中村海成(3年)
photo-news
矢板中央高vs宇都宮短大附。準々決勝は3大会連続のカード
photo-news
1点リードで試合を運んだが、宇都宮短大附は逃げ切れず、3年連続で王者の壁に屈した
photo-news
チアガールが選手の背中を押した
photo-news
矢板中央のスターティングイレブン
photo-news
フィジカルで上回ったボランチのMF新倉礼偉(3年)
photo-news
途中出場のMF服部晃多(3年)がドリブルで切り裂き、攻撃にアクセントをつけた
photo-news
1-1に追いついた5分後、FW久永武蔵(3年)が決勝ヘッド
photo-news
栃木3連覇をかけて、佐野日大との決勝へ

TOP