beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

三阪咲さんがSPライブで熱戦後押し…広島皆実が前回4強の瀬戸内下して2年ぶりV(14枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権広島県予選決勝が10日に行われ、広島皆実高瀬戸内高を3-0で下し、2年ぶり15回目の出場を決めた。

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
左から副主将のDF板舛寿樹(3年)、主将のMF吉原翔大(3年)、副主将のFW久保太輔(3年)。チームを支えた3人が優勝旗とともに笑顔
photo-news
広島皆実の先発メンバー
photo-news
瀬戸内の先発メンバー
photo-news
試合前のキックオフライブで、現役高校生シンガーの三阪咲さんが第98回全国高校サッカー選手権大会応援歌「繋げ!」を披露。素晴らしい歌声がスタジアムに響いた
photo-news
三阪さんは“みんなのアンセム”である「We are on your side」も披露。三阪さんの歌と動きに合わせて大きな手拍子が起こった
photo-news
広島皆実は前半12分、FW岡本拓海(3年)が先制点。左足シュートで右サイドのネットを揺らした
photo-news
岡本は2年前の瀬戸内との決勝でも、決勝ゴールとなる先制点。2年ぶりに『瀬戸内キラー』ぶりを発揮した
photo-news
広島皆実MF岡平陸輔(14番、3年)と瀬戸内DF篤快青(5番、3年)が激しく競り合う
photo-news
広島皆実は前半36分にMF牛原克(右から2番目、3年)が2点目を決め、チームメイトの祝福を受ける
photo-news
広島皆実MF田中博貴(左端、3年)と瀬戸内FW中川歩夢(その右、3年)、背番号10同士のマッチアップ
photo-news
瀬戸内のFWハード・デリアス(9番、3年)とMF田辺利樹(3年)がタッチライン際でボールの争奪戦を繰り広げる
photo-news
広島皆実は後半アディショナルタイム、交代出場のFW久保太輔(9番、3年)が決めてダメ押しの3点目
photo-news
選手たちに胴上げされる広島皆実の仲元洋平監督
photo-news
2年ぶりに選手権出場権を奪還した広島皆実。4年連続となる瀬戸内との決勝を制した

TOP