beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

静岡学園の攻撃のタクト振る技巧派MF浅倉、前線で存在感示した2年生FW加納(6枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権静岡県予選準決勝が9日に行われ、2年連続準優勝の静岡学園高が前回優勝の浜松開誠館高に2-0で勝った。
●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
注目の攻撃的MF浅倉廉(3年)。自覚が高まり、ゴールへ迫る回数が増加
photo-news
技巧は今年の静学でもトップレベル
photo-news
FW加納大(2年)は前線で起点に。力強い動きでゴールに迫り、守備でも奮闘
photo-news
前線の柱になれば、チームの攻撃力はさらに高まる
photo-news
昨年のアシスト王。浅倉廉のスルーパスには注目
photo-news
この日は決定機に絡むも無得点の加納大。決勝でゴールを誓った

TOP