beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

選手権出場48校の代表者が大会に向けて抱負:Cブロック編(11枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第98回全国高校サッカー選手権の組み合わせ抽選会が18日に都内で行われた。
(写真協力『高校サッカー年鑑』)

●【特設】高校選手権2019
写真を見る
photo-news
尚志高
山内大空
「悔しさを胸に1年間やってきた」
photo-news
徳島市立高
阿部夏己
「自分たちは対戦校を考えず、自分たちらしく戦う」
photo-news
東久留米総合高
下田将太郎
「チーム力を生かして、まずは全国1勝を成し遂げたい」
photo-news
草津東高
渡邉颯太
「粘り強い守備と多彩な攻撃。そこを練習して出せるように頑張りたい」
photo-news
愛工大名電高
鈴木郁人
「僕たちは創部以来初の出場なので、愛工大明電らしいサッカーを全国大会でもできたら」
photo-news
丸岡高
田海寧生
「丸岡らしく一戦一戦取り組んで、やるからには優勝を目指したい」
photo-news
長崎総合科学大附高
高武大也
「最悪な年代と言われてきた。一戦一戦チーム全員で、全力で戦いたい」
photo-news
静岡学園高
阿部健人
「自分たちの個人技を出したい」
photo-news
岡山学芸館高
大山宣明
「相手どうこうではなく、自分たちのスタイルを発揮できるように準備していきたい」
photo-news
山形中央高
太田龍哉
「今大会では自分たちらしく戦って、まずは全国で1勝できるように戦いたい」
photo-news
今治東中等教育学校
大谷一真
「自分たちが磨き上げたパスサッカーを全国で見せたい」

TOP