beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

FW上田綺世、決定機逸に「僕の最善があれだった」(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 U-23日本代表は12日、AFC U-23選手権のグループB第2節でU-23シリア代表に1-2で敗れた。

▼AFC U-23選手権タイ2020(東京五輪最終予選)特集ページ
写真を見る
photo-news
1-1の後半38分に決定機を迎えたFW上田綺世
photo-news
右サイドの橋岡が絶妙なクロスを送ると、フリーでファーに飛び込んだが、左足で合わせたシュートは枠の左へ
photo-news
「ディフェンスが触るか触らないかというところもあったけど、もうちょっと自分の中で準備を早くしたり、もっと信じて走っていれば頭で行ったりとか、いろんな選択肢はあった」
photo-news
「ただ、今の僕、今日の僕の最善があれだった。相手のスコアを上回らないといけないゲーム状況の中で、それができなかったのは僕の責任だと思う」
photo-news
日本は後半44分にカウンターから決勝ゴールを献上
photo-news
今大会初スタメンの上田は不発に終わり、チームも2連敗でグループリーグ敗退が決定
photo-news
「非常に不甲斐ない。金メダルを目標に掲げているチームなら、ここは勝てなければ厳しい」
photo-news
悔しさを語りつつ、「でも、これが現実。金メダルを取るには何が必要かを各々が考えてやっていく必要がある」と前を向いた

TOP