beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

U-17日本代表はMF安田ら交代出場組も奮闘、勝利に貢献(11枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「JENESYS2019青少年サッカー交流大会」(鹿児島県指宿市)は大会2日目の27日、グループステージ第2節を行い、U-17日本代表とU-19ラオス代表が対戦。U-17日本代表が2-1で勝利した。
写真を見る
photo-news
MF安田虎士朗(FC東京U-18)は攻撃のテンポを上げた
photo-news
後半開始から左SBを務めた松田隼風(JFAアカデミー福島U-18)
photo-news
FW勝島新之助(京都U-18)は初戦でハットトリックの活躍
photo-news
FW福田師王(神村学園中)がコンビネーションからシュート
photo-news
初戦で先発したCB諏訪間幸成(横浜FMユース)。第3戦で再び先発か
photo-news
CB波本頼(金沢U-18)は初戦で67分間プレー。第3戦に備える
photo-news
初戦でフル出場したGK高橋一平(神戸U-18)。世代を代表する守護神だ
photo-news
安田虎士朗は左サイド、ボランチとしてプレー
photo-news
松田隼風は身体を投げ出すようなシーンが2度、3度とあった
photo-news
得点感覚抜群の勝島新之助
photo-news
福田師王は年上の中で光る動きも

TOP