beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

“EL男”鎌田、絶妙ロングパスでゴール起点「耐えて勝ち上がれた」(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヨーロッパリーグ(EL)は28日、前日の悪天候で延期となった決勝トーナメント1回戦第2戦の1試合を行った。フランクフルトは敵地でザルツブルクと対戦し、2-2、2試合合計6-3で上回り、ベスト16入りを果たした。

●海外組ガイド
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集
写真を見る
photo-news
フランクフルトがELベスト16入り
photo-news
右FWで先発したFW鎌田大地はスルーパスに抜け出し、ゴールに迫った
photo-news
前半30分には鎌田が起点となり、アウェーゴールを奪取
photo-news
左後方から裏を狙った正確なロングスルーパスを配給。アンドレ・シウバの同点弾を演出した
photo-news
フランクフルトのスターティングイレブン
photo-news
攻撃の起点となって好調ぶりを示し、積極的にシュートも狙った“EL男”鎌田
photo-news
2試合合計6-3で上回り、「しっかり耐えて勝ち上がれたので良かった」
photo-news
長谷部と奥川に出番は訪れず、日本人対決は実現しなかった

TOP