beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

フランクフルトがEL8強へ黄信号…沈黙の“EL男”に地元紙は厳しい評価(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦第1戦が12日に行われ、フランクフルト(ドイツ)はホームでバーゼル(スイス)に0-3で敗れた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信
写真を見る
photo-news
右ウイングで先発起用されたFW鎌田大地
photo-news
MF長谷部誠は中盤のアンカーでスタメン出場
photo-news
フランクフルトは0-3で第1戦を落とした
photo-news
第2戦は延期となり、現時点で日程は未定となっている
photo-news
新型コロナウイルスの影響により、無観客で行われた一戦
photo-news
スタメンとしてピッチに立った鎌田
photo-news
ELではここまで6得点を記録
photo-news
冷静なプレーを見せた長谷部
photo-news
長谷部は後半29分、鎌田は同33分に交代となった
photo-news
フランクフルトは前半に1失点、後半に2失点を喫して完敗
photo-news
地元紙『フランク フルター・ルントシャウ』は今季ELで強さを発揮してきた鎌田について「ミスターヨーロッパリーグは沈黙してしまった。頻繁にダイブする場面も目立ち、決定的な仕事をすることができなかった」と厳しい評価
photo-news
フランクフルトはベスト8進出に向け、厳しい状況となった

TOP