beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

リバプールのCL連覇ついえる…英紙「南野が苛立ちを認めた」(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦が11日に行われ、リバプール(イングランド)はアトレティコ・マドリー(スペイン)に2-3で敗れ、2試合合計2-4で敗退となった。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2019-20特集
●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
写真を見る
photo-news
延長後半8分に途中出場したFW南野拓実
photo-news
得点には絡めず、チームは2試合合計2-4で敗退
photo-news
イギリス『デイリー・エクスプレス』は「タクミ・ミナミノがリバプールでのフラストレーションを告白」と題し、「25歳の彼はリバプールでのチャンピオンズリーグデビューを振り返り、試合の結果と彼自身の貢献不足にイライラしていたことを認めた」とレポート
photo-news
以前からゴールやアシストへの渇望を明かしていた南野は「(出場時間の短かったアトレティコ戦は)僕にとって良い経験だったとは言えません。僕はもう若くない。何かをもたらしたかった」と悔やんだ
photo-news
昨季王者のリバプール
photo-news
南野はベンチスタート
photo-news
第1戦はホームのアトレティコが1-0で制していた
photo-news
リバプールは前半43分、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがヘディングを決め、2試合合計スコア1-1
photo-news
延長前半4分にはFWロベルト・フィルミーノのゴールで2戦合計2-1としたリバプールだったが、その後に2失点を喫して追い込まれた
photo-news
南野は2戦合計2-3の延長後半8分にピッチへ送られたが、チームは終了間際にもゴールを許して万事休す
photo-news
連覇の夢が絶たれたリバプール
photo-news
アトレティコが底力を見せ、準々決勝に駒を進めた

TOP