beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

ハンパない大迫が最終節MOM!!「ブレーメンの救世主」と称賛の嵐(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ブンデスリーガは27日、最終節を各地で行い、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンケルンに6-1で勝利した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
写真を見る
photo-news
ゴールを挙げ、感情を爆発させるFW大迫勇也
photo-news
前節で自力残留が消滅した背水の陣で、チームを奇跡の自動降格回避に導いた
photo-news
プレッシャーのかかった状況で気迫を示し、チームをけん引したのは大迫だった
photo-news
勝利が絶対条件の一戦で先制のネットを揺らす
photo-news
前半22分、味方のシュートを左足でトラップ。持ち替えて迷わず右足を振り抜くと、ゴール右上隅に突き刺さした
photo-news
値千金の先制ゴールを挙げると、前半28分には2点目をアシスト
photo-news
前線で体を張り、キープ力を発揮
photo-news
大迫のゴールが口火となり、勢いを増すブレーメンはゴールラッシュ
photo-news
4-0で迎えた後半13分にもゴールを挙げ、今季2度目のドッペルパック(1試合2得点)を達成
photo-news
右サイドからのクロスに走り込んだ大迫は冷静に右足で突き刺した
photo-news
他会場でデュッセルドルフが敗れた運にも恵まれ、ブレーメンが16位に滑り込み、入れ替えプレーオフ進出を決めた
photo-news
ブンデス公式は大迫を最終節のMOMに選出。「ブレーメンの救世主」と、大一番で真価を発揮した強心臓ぶりを称賛している

TOP