beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

大迫ブレーメン、“降格寸前”から奇跡の残留!! 引退ピサーロを胴上げ(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ブンデスリーガ昇降格プレーオフ第2戦が6日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属する1部ブレーメンはアウェーゴール差で上回り、1部残留に成功した。
●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集
写真を見る
photo-news
奇跡の残留に貢献したFW大迫勇也
photo-news
この試合を最後に現役を引退するFWクラウディオ・ピサーロを胴上げ
photo-news
トップ下でプレーした大迫は先制点の起点になった
photo-news
2試合合計2-2、アウェーゴール差で上回り、40年ぶりの降格を回避したブレーメン
photo-news
前半3分にオウンゴールを誘発し、貴重なアウェーゴールを奪取
photo-news
1-1に追いつかれたが、後半アディショナルタイムにDFルドウィグ・アウグスティンソンが勝利を決定づける2点目を奪取
photo-news
バルテルスからのラストパスに走り込み、ゴールネットを揺らした
photo-news
自力残留が消滅した“降格寸前”の状態から勝負強さを発揮し、1部に生き残った

TOP