beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[関西]立命館大は王者と痛み分け…大体大との大一番をスコアレスで終える(30枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 関西学生リーグは10月31日に第8節を行い、立命館大大阪体育大の対戦は0-0で引き分けた。

●第98回関西学生リーグ特集
写真を見る
photo-news
激闘は0-0で両者痛み分けの結果に
photo-news
献身的なサポートでチームを支えた仲間たち
photo-news
機敏な動きで得点を狙い続けたFW鈴木太我(4年=桐光学園高)
photo-news
闘志漲るプレーでチームを牽引し、キャプテンらしい働きを見せたMF田中康介(4年=京都U-18)
photo-news
要所でしっかりと相手を抑えきったDF東野広太郎(4年=広島ユース)
photo-news
キープ力を駆使し、最前線でラストまで奮闘したFW延祐太(4年=JFAアカデミー福島)
photo-news
味方に細かく指示を飛ばし、最終ラインの背後のスペースもしっかりとケアしたGK谷井宏気(4年=G大阪ユース)
photo-news
勇気を持った飛び出しで、ピンチを凌いだ
photo-news
ボール奪取力を随所に発揮したDF西林佳祐(4年=岡山U-18)
photo-news
敵陣深くでの冷静さも見せた
photo-news
DF志摩奎人(3年=松山工高)はボールを持ち運んで攻撃を後方支援
photo-news
入ってくるボールを徹底的に跳ね返した
photo-news
局面の勝負で激しく戦い、敵の侵入を食い止めるDF俣野亜以己(3年=京都U-18)
photo-news
左サイドの潤滑油として攻撃にリズムを加えた
photo-news
MF三好辰典(2年=鳥栖U-18) がドリブルで一気に加速し相手を引き離す
photo-news
幾度もサイドからの崩しを図り、チャンスを作った
photo-news
ボールを奪い、チームが落ち着ける時間を作ったMF黒木樹生(3年=大分U-18)
photo-news
中盤の攻防で気持ちのこもったプレーをみせた
photo-news
バランスをとりながら攻撃に寄与したMF山中陽(4年=水口東高)
photo-news
中央からドリブルで局面を前に進めた
photo-news
幅広く動き、攻撃のリズムを喚起した
photo-news
敵に寄せられても慌てず、強気にボールを運んだFW明比友宏(3年=広島ユース)
photo-news
守備から攻撃へつなぐリンクマンとしてのプレーを披露したMF盧泰曄(1年=鳥栖U-18)
photo-news
落ち着いたボール捌きでチームの攻撃を円滑にした
photo-news
臨機応変なポジショニング、豊富な運動量で攻撃を加速したDF奥井大貴(3年=G大阪ユース)
photo-news
MF松井温人(2年=静岡学園高)は積極的に攻撃を仕掛け、惜しいクロスを上げた
photo-news
東野は身体を投げ出してボールに飛び込み、得点を狙った
photo-news
アグレッシブなプレーで相手ゴールに襲い掛かった鈴木太
photo-news
田中はボールを奪う力強いプレーをみせた
photo-news
足を止めず、勝利への執念をプレーで示した延

TOP