beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

山梨学院FW野田武瑠が起死回生の同点ゴール「がむしゃらに打ったら入った」(8枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第99回全国高校サッカー選手権の決勝が11日に行われ、山梨学院高(山梨)は2-2で突入したPK戦の末、青森山田高(青森)にPK4-2で勝利した。
(写真協力『高校サッカー年鑑』)

●【特設】高校選手権2020
写真を見る
photo-news
1-2の後半33分に同点ゴールを決めたFW野田武瑠(3年)
photo-news
PA内左のこぼれ球に反応し、左足でループ気味のシュート
photo-news
今大会初ゴールは起死回生の同点弾
photo-news
「がむしゃらに打ったら入った」と得点シーンを振り返った
photo-news
2トップの一角で先発出場した野田
photo-news
山梨学院高の10番を背負う
photo-news
「いままで得点を狙ってきたんですけど、ずっと決められていなくて」
photo-news
決勝で結果を残し、優勝に貢献した野田は「まだ実感がわかなくて。すごいうれしいんですけど、仲間とかの顔を見てすごいことを成し遂げたなと思います」と語った

TOP