beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
高校年代日本一は?
高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグ

プレミアリーグニュース

プレミアリーグチャンピオンシップ&参入戦日程
【チャンピオンシップ】
(12月12日)
鹿島アントラーズユース 1-0 ガンバ大阪ユース
[鹿]田中稔也(53分)
【プレミアリーグ参入戦1回戦】
(12月11日) 
[Aブロック]
[Eスタ]
米子北高 0-3 ジュビロ磐田U-18
[磐]山下諒也2(19、90分)、立川嶺(54分)

[広島補助]
神戸弘陵高 2-1 旭川実高
[神]土井智之(59分)、竹村史明(90分+2)
[旭]金子遼太(49分)

[Bブロック]
[広島一球]
横浜F・マリノスユース 2-0 九州国際大付高
[横]和田昌士(45分+1)、遠藤渓太(90分)

[広島補助]
尚志高 2-3 新潟明訓高
[尚]柳原隆二(39分)、高梨起生(60分)
[新]苅部杜行(4分)、高橋怜大(11分)、関口正大(20分)

[Cブロック]
[広島一球]
静岡学園高 2-0 東京ヴェルディユース
[静]荒井大(5分)、薩川淳貴(79分)

[コカ広島ス]
大津高 5-0 大社高
[津]野田裕喜(4分)、原岡翼(7分)、杉山直宏(16分)、山口和也(83分)、田中大稀(84分)

[Dブロック]
[Eスタ]
アルビレックス新潟U-18 2-1 前橋育英高
[新]斎藤宏太(36分)、鎌田啓義(70分)
[前]横澤航平(58分)

[コカ広島ス]
徳島市立高 1-1(PK5-4)立正大淞南高
[徳]岸田大世(8分)
[立]白岩直斗(83分)
【プレミアリーグ参入戦2回戦】
(12月13日) 
[Aブロック]
[Eスタ]
ジュビロ磐田U-18 1-2(延長)神戸弘陵高
[磐]山下諒也(62分)
[神]山口翔也(28分)、下山祥志(104分)

[Bブロック]
[広島一球]
横浜F・マリノスユース 3-0 新潟明訓高
[横]和田昌士2(51、65分)、岩城大助(90分+3)

[Cブロック]
[広島一球]
静岡学園高 2-3(延長)大津高
[静]旗手怜央(55分)、鹿沼直生(76分)
[大]藤山雄生(10分)、吉武莉央(63分)、原岡翼(110分+1)

[Dブロック]
[Eスタ]
アルビレックス新潟U-18 1-0 徳島市立高

[新]鎌田啓義(88分)

※2回戦の勝者4チームが16年度のプレミアリーグ参入権獲得リーグ戦試合日程/順位表
【プレミアリーグEAST】
コンサドーレ札幌U-18(北海道)
青森山田高(青森)
鹿島アントラーズユース(茨城)
大宮アルディージャユース(埼玉)
市立船橋高(千葉)
柏レイソルU-18(千葉)
流通経済大柏高(千葉)
FC東京U-18(東京)
JFAアカデミー福島(静岡)
清水エスパルスユース(静岡)

【プレミアリーグWEST】
名古屋グランパスU18(愛知)
京都サンガF.C.U-18(京都)
京都橘高(京都)
ガンバ大阪ユース(大阪)
セレッソ大阪U-18(大阪)
履正社高(大阪)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫)
サンフレッチェ広島ユース(広島)
東福岡高(福岡)
大分トリニータU-18(大分)

活躍選手はここでチェック
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ

【大会要項】
名称:
高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグ イースト/ウエスト
主催:
公益財団法人 日本サッカー協会
主管:
出場チーム・出場チーム所属都道府県サッカー協会
後援:
文部科学省・朝日新聞社
協賛:
株式会社ナイキジャパン
協力:
株式会社モルテン
試合日程:
[プレミアリーグ]
4月11日~12月6日
[チャンピオンシップ]
12月12日
[プレミアリーグ参入戦]
12月11日、12月13日
※上記試合日程は変更になる可能性あり。
大会方式:
全国より選出された20チームを10チームチームずつに分けてそれぞれホーム&アウェイ方式の総当たり戦(180試合)を実施。各リーグの下位2チームは、次年度は高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグへ自動降格する。また、過去3年間の全国大会の成績ポイントを参考に出場枠を決められた各地域の高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ上位チームは、16チームが本大会参入戦への出場資格を獲得し、参入戦で2勝した4チームは次年度の本大会出場権を獲得する。

参加チームおよびその数:
高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグの東西上位8チーム、および9地域のプリンスリーグ上位チームによるプレミアリーグ参入戦に2勝した4チームが出場する。
※上記により割り当てられた出場チーム数(計20チーム)
北海道(1)、東北(1)、関東(6)、東海(3)、関西(6)、中国(1)、九州(2)
[注]( )内がチーム数、各地域の出場チームは次の通り

TOP