beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
セルビア代表
(2大会ぶり12回目)

■ロシアW杯日程
06/17 〇1-0 コスタリカ [サマーラ]
06/22 ●1-2 スイス [カリーニングラード]
06/27 ●0-2 ブラジル [モスクワ/スパルタク]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■セルビア代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 ウラジミール・ストイコビッチ(パルチザン)
12 プレドラグ・ライコビッチ(マッカビ・テルアビブ)
23 マルコ・ドミトロビッチ(エイバル)

▽DF
2 アントニオ・ルカビナ(ビジャレアル)
3 ドゥシュコ・トシッチ(広州富力)
5 ウロシュ・スパイッチ(アンデルレヒト)
6 ブラニスラフ・イバノビッチ(ゼニト)
11 アレクサンダル・コラロフ(ローマ)
13 ミロシュ・ベリコビッチ(ブレーメン)
14 ミラン・ロディッチ(レッドスター)
15 ニコラ・ミレンコビッチ(フィオレンティーナ)

▽MF
4 ルカ・ミリボイェビッチ(クリスタル・パレス)
7 アンドリヤ・ジブコビッチ(ベンフィカ)
10 ドゥサン・タディッチ(サウサンプトン)
16 マルコ・グルイッチ(カーディフ)
17 フィリプ・コスティッチ(ハンブルガーSV)
20 セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)
21 ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・U)
22 アデム・リャイッチ(トリノ)

▽FW
8 アレクサンダル・プリヨビッチ(PAOK)
9 アレクサンダル・ミトロビッチ(フルハム)
18 ネマニャ・ラドニッチ(レッドスター)
19 ルカ・ヨビッチ(フランクフルト)

■監督
ムラデン・クルスタイッチ
(ボスニア・ヘルツェゴビナ)1974.3.4

■セルビア代表チーム紹介
 2大会ぶりの本大会出場を決めたセルビアは、昨年10月にスラボルユブ・ムスリン前監督と契約を解除し、アシスタントコーチのムラデン・クルスタイッチ氏が昇格。人材豊富な2列目のアタッカー陣を活かすチーム作りに着手した。名の知れた選手が揃う中、キーマンは何と言ってもMFネマニャ・マティッチだろう。セルビアは守備の戦術としてボールを奪われると、近いポジションの選手がボールホルダーに素早くプレスをかけるが、連動が見られないことが多く、リスクが高い。だが、そこにマティッチが立ちはだかり、的確なポジションを取って相手の攻撃を遅らせることが可能。さらに、攻撃でもビルドアップの中心としてゲームを作るなど攻守で欠かせない選手だ。また、マティッチが試合中に最終ラインに下がれば、両SBが攻撃に参加。特に左のアレクサンダル・コラロフは正確なキックに加え、パンチ力のあるシュートも備えており、相手の脅威になることは間違いない。チームとして個のクオリティーを活かすことができれば、ブラジルとスイス、コスタリカを破って首位通過する可能性も十分にありえるだろう。

■セルビア代表チームデータ
W杯過去最高成績:ベスト4(1930、1962年)
EURO過去最高成績:準優勝(1960、1968年)

■セルビア代表の過去のW杯成績
1930年:ベスト4
1934年:(予選敗退)
1938年:(予選敗退)
1950年:グループリーグ敗退
1954年:ベスト8
1958年:ベスト8
1962年:4位
1966年:(予選敗退)
1970年:(予選敗退)
1974年:2次リーグ敗退
1978年:(予選敗退)
1982年:ベスト16
1986年:(予選敗退)
1990年:ベスト8
1994年:(不参加)
1998年:ベスト16
2002年:(予選敗退)
2006年:グループリーグ敗退
2010年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)
2014年:(予選敗退)

■セルビア代表の過去のEURO本大会成績
1960年:準優勝
1964年:(予選敗退)
1968年:準優勝
1972年:(予選敗退)
1976年:4位
1980年:(予選敗退)
1984年:グループリーグ敗退
1988年:(予選敗退)
1992年:(出場権剥奪)
1996年:(不参加)
2000年:ベスト8
2004年:(予選敗退)
2008年:(予選敗退)
2012年:(予選敗退)
2016年:(予選敗退)

※成績はすべてユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロ時代を含む

TOP