beacon
このエントリーをはてなブックマークに追加
コスタリカ代表
(3大会連続6回目)

■カタールW杯日程
11/23 ●0-7 スペイン [ドーハ/アルトゥママ]
11/27 ○1-0 日本 [アルラーヤン]
12/01 ●2-4 ドイツ [アルホール]

■コスタリカ代表最新メンバー※22/11/03発表
(カタールW杯メンバー)

▽GK
1 ケイラー・ナバス(パリSG)
18 エステバン・アルバラード(エレディアーノ)
23 パトリック・セケイラ(ルーゴ)

▽DF
15 フランシスコ・カルボ(コンヤスポル)
3 ファン・パブロ・バルガス(ミジョナリオス)
19 ケンダル・ワストン(サプリサ)
6 オスカル・ドゥアルテ(アルワフダ)
2 ダニエル・チャコン(コロラド・ラピッズ)
4 ケイシェル・フラー(エレディアノ)
16 カルロス・マルティネス(サン・カルロス)
8 ブライアン・オビエド(レアル・ソルトレーク)
22 ロナルド・マタリータ(シンシナティ)

▽MF
17 イェルツィン・テヘダ(エレディアノ)
5 セルソ・ボルヘス(アラフエレンセ)
14 ユースティン・サラス(サプリサ)
24 ロアン・ウィルソン(グレシア)
13 ジェルソン・トーレス(エレディアノ)
21 ドウグラス・ロペス(エレディアノ)
9 ジェウィソン・ベネット(サンダーランド)
26 ザルバロ・ザモラ(サプリサ)
25 アンソニー・エルナンデス(プンタレナス)
20 ブランドン・アギレラ(ノッティンガム・フォレスト)
10 ブライアン・ルイス(アラフエレンセ)

▽FW
12 ジョエル・キャンベル(レオン)
7 アンソニー・コントレラス(エレディアノ)
11 ヨハン・ベネガス(アラフエレンセ)

■監督
ルイス・フェルナンド・スエレス
(コロンビア)1959.12.23

■コスタリカ代表チーム紹介
 本大会開催地カタールで行われたオセアニア王者ニュージーランドとの大陸間プレーオフを制し、全参加国中最後の32番目でW杯への切符を掴み取った。史上初の中東開催となった今大会において、プレーオフで大勝負を経験しているのは大きな強み。日本に加えてドイツ、スペインが並ぶ厳しいグループに組み込まれたが、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を狙う。
 記憶に新しいのは2014年のブラジル大会での躍進だ。ウルグアイ、イタリア、イングランドとW杯優勝経験国3つが並び、“3強1弱”とも評された中、2勝1分の成績でまさかの首位通過。決勝トーナメント1回戦でもギリシャをPK戦の末に下し、ベスト8まで進んでおり、日本よりも優れた実績を残している。
 今大会でも中心選手は14年の8強メンバーだ。GKケイラー・ナバス(パリSG)は35歳となったいまも健在で、現在は所属先で出場機会を失っているものの、固い守備で北中米カリブ海予選を戦うチームを支えた。またDFオスカル・ドゥアルテ(アルワフダ)、MFブライアン・ルイス(アラフエレンセ)、FWジョエル・キャンベル(レオン)と各ポジションに5大リーグの経験者を選出。円熟味を備えたチームで再び台風の目となるか。

■コスタリカ代表チームデータ
W杯過去最高成績:ベスト8(2014年)
ゴールドカップ過去最高成績:優勝(1963、1969、1989年)

■コスタリカ代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:(不参加)
1950年:(不参加)
1954年:(不参加)
1958年:(予選敗退)
1962年:(予選敗退)
1966年:(予選敗退)
1970年:(予選敗退)
1974年:(予選敗退)
1978年:(予選敗退)
1982年:(予選敗退)
1986年:(予選敗退)
1990年:ベスト16
1994年:(予選敗退)
1998年:(予選敗退)
2002年:グループリーグ敗退
2006年:グループリーグ敗退
2010年:(予選敗退)
2014年:ベスト8(★大会メンバーリスト)
2018年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

■コスタリカ代表の過去のゴールドカップ成績
1963年:優勝
1965年:3位
1967年:(不参加)
1969年:優勝
1971年:3位
1973年:(予選敗退)
1977年:(予選敗退)
1981年:(予選敗退)
1985年:3位
1989年:優勝
1991年:4位
1993年:3位
1996年:(予選敗退)
1998年:グループリーグ敗退
2000年:ベスト8
2002年:準優勝
2003年:4位
2005年:ベスト8
2007年:ベスト8
2009年:ベスト4
2011年:ベスト8
2013年:ベスト8
2015年:ベスト8
2017年:ベスト4
2019年:ベスト8
2021年:ベスト8

TOP