beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
エジプト代表
(7大会ぶり3回目)

■ロシアW杯日程
06/15 ●0-1 ウルグアイ [エカテリンブルク]
06/19 ●1-3 ロシア [サンクトペテルブルク]
06/25 23:00 サウジアラビア [ボルゴグラード]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■エジプト代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 エサム・エル・ハダリ(アルタアウーン)
16 シェリフ・エクラミー(アルアハリ)
23 モハメド・アル・シャナウィ(アルアハリ)

▽DF
2 アリ・ガブル(WBA)
3 アハメド・エルモハマディ(アストン・ビラ)
6 アハメド・ヘガジー(WBA)
7 アハメド・ファティ(アルアハリ)
12 アイマン・アシュラフ(アルアハリ)
13 モハメド・アブデル・シャフィ(アルファテフ)
15 マフムード・ハムディ(ザマレク)
20 サード・サミル(アルアハリ)

▽MF
4 オマル・ガーベル(ロサンゼルスFC)
5 サム・モルシー(ウィガン)
8 タレク・ハメド(ザマレク)
17 モハメド・エルネニー(アーセナル)
19 アブダラー・サイド(クオピオン)
21 トレゼゲ(カスムパシャ)

▽FW
9 マルワン・モフセン(アルアハリ)
10 モハメド・サラー(リバプール)
11 マフムード・カーラバ(アルイテハド)
14 ラマダン・ソブヒ(ストーク・シティ)
18 シカバラ(アルラエド)
22 アムル・ワルダ(アトロミトス)

■監督
エクトル・クーペル
(アルゼンチン)1955.11.16

■エジプト代表チーム紹介
 FWモハメド・サラーは今大会のスター候補最有力の一人だ。今季は公式戦51試合44得点16アシストと大ブレイクを果たし、プレミアリーグ得点王を始め、個人賞を軒並み獲得。バロンドール候補にも名を連ねたエジプトの“王”は、代表でも7大会ぶりのW杯出場に導く原動力となった。しかし、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝戦で左肩を負傷。エースのコンディションがチームの成績を大きく左右するだろう。4-2-3-1の布陣を敷く堅守速攻型は、DFアハメド・ヘガジーが最終ラインを統率。中盤は運動量豊富でキック精度も高いMFモハメド・エルネニーが攻守のタスクを担う。アフリカ最終予選は4勝1分1敗で首位通過したものの、直近の親善試合は3敗2分と未勝利に終わっている。“戦術兵器”サラーをお膳立てして、いかに敵をハメていくかが、史上初となるグループリーグ突破の分かれ目になる。

■エジプト代表チームデータ
W杯過去最高成績:グループリーグ敗退(1934、1990年)
アフリカ選手権過去最高成績:優勝7回(1957、1959、1986、1998、2006、2008、2010年)

■エジプト代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:1回戦敗退
1938年:(不参加)
1950年:(不参加)
1954年:(予選敗退)
1958年:(不参加)
1962年:(不参加)
1966年:(不参加)
1970年:(不参加)
1974年:(予選敗退)
1978年:(予選敗退)
1982年:(予選敗退)
1986年:(予選敗退)
1990年:グループリーグ敗退
1994年:(予選敗退)
1998年:(予選敗退)
2002年:(予選敗退)
2006年:(予選敗退)
2010年:(予選敗退)
2014年:(予選敗退)

■エジプト代表の過去のアフリカ選手権成績
1957年:優勝
1959年:優勝
1962年:準優勝
1963年:3位
1965年:(不参加)
1968年:(不参加)
1970年:3位
1972年:(予選敗退)
1974年:3位
1976年:4位
1978年:(予選敗退)
1980年:4位
1982年:(不参加)
1984年:4位
1986年:優勝
1988年:グループリーグ敗退
1990年:グループリーグ敗退
1992年:グループリーグ敗退
1994年:ベスト8
1996年:ベスト8
1998年:優勝
2000年:ベスト8
2002年:ベスト8
2004年:グループリーグ敗退
2006年:優勝
2008年:優勝
2010年:優勝
2012年:(予選敗退)
2013年:(予選敗退)
2015年:(予選敗退)
2017年:準優勝

TOP