beacon
TOP > リーグ一覧 > UAE・リーグ > アルワフダ > スタッフ一覧 > 選手詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハビエル・アギーレ

■所属:アルワフダ
■ポジション:監督
■1958-12-01
■国籍:メキシコ

ハビエル・アギーレ 写真特集

photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news

■コメント
現役時代にはメキシコ代表として1986年のメキシコW杯に出場。監督としても2002年の日韓W杯、2010年の南アフリカW杯でメキシコ代表を指揮し、いずれもベスト16に進出した。小クラブのオサスナをリーグ4位に押し上げた実績からも分かるように、現有戦力で最大限の成果を上げるのが得意。南アフリカW杯後はサラゴサの監督に就任。2012年11月からはエスパニョールを率い、最下位に沈んでいたチームを立て直し、13位で12-13シーズンを終えた。13-14シーズンも14位で1部残留を果たし、2014年5月に退任を発表。同年7月、日本代表監督に就任することが発表された。しかし、サラゴサ監督時代の2011年5月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節レバンテ戦をめぐる八百長疑惑で、2014年末にスペイン検察当局から告発を受ける。2015年1月のアジア杯でベスト8敗退に終わると、同年2月3日、日本サッカー協会は、八百長疑惑に関する検察側の告発がバレンシア裁判所に受理されたことを確認。契約解除の意向を通知し、本人もそれに同意した。現在はUAEリーグのアルワフダで指揮を執る(16/2/12)

■出生地
メキシコシティ(メキシコ)

■選手歴
メキシコ(クラブ・アメリカ、アトランテFC、グアダラハラ)、アメリカ(ロサンゼルス・アズテックス)、スペイン(オサスナ)でプレー。
メキシコ代表として59試合出場14得点。1986年W杯メキシコ大会に出場(ベスト 8)。

■指導歴
1995-1996:アトランテ FC(メキシコ1部)
1998-2001:パチューカ(メキシコ1部)
2001-2002:メキシコ代表
※2002年W杯日韓大会ベスト16
2002-2006:オサスナ(スペイン1部)
2006-2009.2:アトレティコ・マドリー(スペイン1部)
2009-2010:メキシコ代表
※2010年W杯南アフリカ大会ベスト16
2010.11-2011.12:サラゴサ(スペイン1部)
2012.11-2014:エスパニュール(スペイン1部)
2014.7-2015.2:日本代表

■主な獲得タイトル・受賞歴
1984:メキシコリーグ優勝(クラブ・アメリカ)
※選手として
1999:メキシコ冬リーグ リギージャ優勝(パチューカ)
2001:コパ・アメリカ準優勝(メキシコ代表)
2005:スペイン国王杯準優勝(オサスナ)
2009:CONCACAFゴールドカップ優勝(メキシコ代表)

ハビエル・アギーレ 最新情報

TOP