beacon
TOP > 選手詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセロ・ビエルサ

■所属: 
■ポジション:監督
■1955-07-21
■国籍:アルゼンチン

マルセロ・ビエルサ 写真特集

photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news
photo-news

■コメント
アルゼンチンが生んだ名将。現役時代はDFでプレーし、引退後に指導者の道へ。「ロコ(クレイジー)」と呼ばれるほどの研究マニア。アルゼンチンやメキシコのクラブを歴任した後の98年にエスパニョール(スペイン)の監督に就任。同年、アルゼンチン代表監督に就任し、02年W杯に出場した(結果はGL敗退)。04年アテネ五輪ではアルゼンチン史上初の金メダルを獲得。07年8月から指揮したチリ代表では低迷していたチームを復活させ、見事に南米予選2位でW杯出場。本大会ではベスト16入りを果たした。11年1月に代表監督を退任すると、13年まではビルバオ(スペイン)で指揮を執り、14年にマルセイユ(フランス)の監督に就任。だが、翌年の新シーズン開幕戦後の8月8日に電撃辞任した(16/2/12UP)

監督としての主な獲得タイトル(特筆すべき実績)
・ベレス(アルゼンチン)国内リーグ(97-98)
・U-23アルゼンチン代表五輪(04年)

マルセロ・ビエルサ 最新情報

TOP