beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]夏の雪辱目指した京都橘、無念の0-4敗退・・・(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[1.5 全国高校選手権準々決勝 前橋育英高4-0京都橘高 フクアリ]

 第93回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝を迎え、フクダ電子アリーナでは前橋育英高(群馬)と京都橘高(京都)が対戦。夏の全国総体1回戦に続く対戦となった一戦は、前後半に2点ずつを奪った前橋育英が4-0で快勝し、08年度以来6年ぶりに4強入りを決めた。
▼関連リンク
【特設】高校選手権2014
写真を見る
photo-news
夏の全国高校総体1回戦で0-4で敗れている前橋育英への雪辱戦に臨んだ京都橘
photo-news
ゲーム主将を務めたMF志知大輝(3年)
photo-news
中盤で攻防戦を演じた
photo-news
インフルエンザから復帰したCB清水遼大(3年)は相手の攻撃を跳ね返したが
photo-news
同じくインフルエンザから復帰したMF仙頭啓生(3年)は2トップの一角で先発
photo-news
高いキープ力を見せたが・・・兄に続く準決勝、決勝進出ならず
photo-news
3度目の選手権に臨んだ右SB倉本光太郎(3年)
photo-news
一年間、チームを良く引っ張ってきた
photo-news
スピードに乗ったドリブルで相手を苦しめたMF大野挙弥(3年)
photo-news
カットインからゴールを狙う
photo-news
ダブルボランチの一角として奮闘したMF山村龍平(3年)
photo-news
左サイドからのロングスローで前線へ配球したSB小川礼太(2年)
photo-news
CBハウザー・ケン(3年)はポテンシャルを感じさせるプレーも
photo-news
だが4失点で涙をのむことに
photo-news
後半開始から中盤に投入されたMF小出知広(3年)
photo-news
183cmの長身FW久田和歩(3年)は前線でボールを収めた


TOP