beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「adidas UEFA Young Champions 2015」関東大会、MVP4選手が世界へ(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
「adidas UEFA Young Champions 2015」関東大会が2日、横浜市のマリノスタウンで行われた。5人対5人のミニゲーム形式で優勝争う大会は横浜創英高Bチームが優勝。大会MVPに選出された横浜創英高(神奈川)MF福田崚太とGK小林朋生、佐野日大高(栃木)DF梅澤崚、そして水戸桜ノ牧高(茨城)DF綿引悠太の4選手が6月にドイツで開催される「adidas UEFA Young Champions 2015」の“日本代表”となることが決まった。
写真を見る
photo-news
24チームが参加して行われた「adidas UEFA Young Champions 2015」関東大会
photo-news
優勝したのは横浜創英高Bチーム
photo-news
横浜創英高AチームはPK戦で敗れて準優勝
photo-news
大会MVPに選出された4選手が世界へ
photo-news
「Haters」ブースでは商品説明
photo-news
「Haters(憎まれもの)」のポーズを取って写真撮影
photo-news
チームで挑戦
photo-news
アディダス社製のスパイクをテストする選手たち
photo-news
会場では計測も
photo-news
ピッチでは熱戦が展開された
photo-news
スペシャルゲストのセルジオ越後氏が選手たちの動きをチェック
photo-news
決勝出場選手は「adidas miCoach」を装着
photo-news
「adidas miCoach」で計測されたデータはリアルタイムで会場内モニターに映し出された
photo-news
横浜創英Aと横浜創英Bの対決となった決勝
photo-news
PK戦の末、横浜創英Bが優勝
photo-news
「Haters賞」に選出された選手たちがポーズ。「憎まれるほど強くなれ。」


TOP