beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]様々な想い交錯する表彰式…星稜と青森山田は3位で大会終える(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回全国高校サッカー選手権大会の準決勝が9日に埼玉スタジアムで行われた。2試合終了後、敗退となった星稜高(石川)と青森山田高(青森)の表彰式が行われた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ
写真を見る
photo-news
あと一歩のところで決勝進出を逃し、3位で大会を終えた青森山田
photo-news
決勝に行けなかった悔しさや仲間との3年間が終わる寂しさ…様々な思いが交錯する
photo-news
大会連覇こそならなかったものの、星稜は4大会連続ベスト4という偉業を成し遂げた
photo-news
キャプテンのMF阿部雅志(3年)が賞状を受け取った
photo-news
3位で選手権を終えた
photo-news
試合中に頭部を負傷した後もDF北城俊幸(3年)はキャプテンとしてチームを牽引し続けた
photo-news
悔しさをこらえつつも表彰を受ける
photo-news
スタンドに挨拶をする青森山田イレブン
photo-news
6年ぶりの決勝進出とはならなかった
photo-news
表彰式を終えてもなお、涙が止まらない
photo-news
ここまでの3年間、苦楽を共にしてきた黒田剛監督が選手と抱き合う
photo-news
GK廣末陸(2年)はこの悔しさを胸に、来年の帰還を誓った
photo-news
涙をぬぐうMF吉田開(3年)
photo-news
高い技術と堅い結束力がチームをここまで押し上げた
photo-news
一丸となって準決勝までたどり着いた
photo-news
卒業する3年生は次なるステージでこの経験を生かす


TOP