beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[選手権]大会優秀選手写真特集vol.2_DF福地聡太、DF野村京平、DF常田克人、DF佐藤瑶大(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第94回全国高校サッカー選手権は東福岡高(福岡)の17年ぶり3回目となる優勝で幕を閉じた。11日の決勝戦終了後、全国高体連サッカー部技術委員会は同大会の優秀選手35名を発表。ゲキサカでは20年東京五輪世代の選手たちが力を競い合った「冬の主役たち」を写真で特集する。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
写真を見る
photo-news
最終ラインの柱として東福岡高の全国制覇に貢献したCB福地聡太(3年)
photo-news
準優勝校・國學院久我山高の最終ラインに欠かせない存在だったCB野村京平(3年)
photo-news
仙台内定のU-18日本代表候補CB常田克人(青森山田高3年)はポテンシャルの高さを発揮
photo-news
初の全国舞台でインパクトを残したCB佐藤瑶大(駒澤大高2年)
photo-news
福地は相棒の児玉とチャレンジアンドカバーを徹底。特にゴール前で強さと集中力を発揮した
photo-news
失点は6試合でわずかに1。シーズン当初守備に課題のあった東福岡を見事に立て直した
photo-news
自身も評価を高めて優秀選手に選出された福地
photo-news
175cmと決して長身ではない野村だが、球際激しいチェックと的確なカバーリングで久我山の守りの中心に
photo-news
準決勝では貴重な同点ゴールも叩きだした
photo-news
大学サッカーではCB、そしてSBとして勝負する
photo-news
確かに課題もあったがスケール大きなプレー。左足のキックも注目
photo-news
別格の高さで空中戦を制す
photo-news
プロで力を磨いて日本を代表するCBに
photo-news
エアバトルで強さを発揮する佐藤。2年生だがフィジカル能力は非常に高い
photo-news
最終ラインからのフィードも武器のひとつ
photo-news
敗れた準々決勝では無念の負傷欠場。この悔しさを来季に


TOP