beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ九州]首位・長崎総科大附対3位・九国大付の上位対決はドローに(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.8 高円宮杯プリンスリーグ九州第8節 長崎総合科学大附高 0-0 九州国際大付高 長崎県体育協会人工芝G]

 7月8日、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ第8節・長崎総合科学大附高九州国際大付高の一戦が、長崎県体育協会人工芝グラウンドで行われた。第7節終了時点で単独首位をキープしていた長崎総科大附に対し、九国大付も3位。試合は上位決戦に相応しい、両者一歩も譲らない白熱の好ゲームとなり、0-0で引き分けた。
●2017 プリンスリーグ九州
写真を見る
photo-news
長崎総科大附のU-18日本代表FW安藤瑞季
photo-news
好セーブを見せた九国大付GK石田晴也
photo-news
長崎総科大附は引き分けで首位キープ
photo-news
九国大付は3位から5位へ後退
photo-news
FW堀金凌明が右サイドでボールを繋ぐ
photo-news
U-16代表候補歴を持つ九国・CB大川智己(左)
photo-news
九国のエースナンバー14を背負うMF川口祐輝
photo-news
長崎総科大附の主将、DF田中純平
photo-news
長崎の“エースキラー”DF嶋中春児
photo-news
一瞬の隙を逃さずにゴールを狙うFW荒木駿太
photo-news
九国のエースストライカー、FW永井絢大
photo-news
非常に安定したセービングを見せた長崎GK湊大昂


TOP