beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[SBS杯]“王国の意地”静岡ユースがU-18日本代表撃破!(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.11 SBS杯国際ユース第2節 静岡ユース 1-0 U-18日本代表 エコパ]

 U-18日本代表、U-18チリ代表、U-18チェコ代表、そして静岡ユース(静岡県選抜)の4チームが総当りのリーグ戦で優勝を争う「2017 SBSカップ国際ユースサッカー」は11日、第2節を行い、U-18日本代表と静岡ユース(静岡県選抜)が対戦。静岡ユースがFW白井海斗(清水桜が丘高)の決勝点によって1-0で勝った。静岡ユースの今大会成績は1勝1敗、U-18日本代表は2連敗となっている。
▼関連リンク
●2017 SBSカップ国際ユースサッカー特集
写真を見る
photo-news
静岡ユースがU-18日本代表撃破
photo-news
ミドルレンジからのシュートを次々と弾き返したGK高野由比人(静岡学園高)
photo-news
MF新関成弥(清水ユース)が必死のディフェンス
photo-news
中盤で健闘したMF宮本優(清水ユース)
photo-news
攻守の中心として活躍したMF山原怜音(JFAアカデミー福島U18)
photo-news
右サイドで守備面で奮闘していたMF三浦倭(浜松開誠館高)
photo-news
左サイドでDFを剥がそうとしたMF伊藤稜馬(静岡学園高)
photo-news
中盤でボールを繋ぐMF吉田峻(清水ユース)
photo-news
前線からの守備で健闘したFW大山幸央(常葉大橘高)
photo-news
俊足MF清水綾馬(静岡学園高)は献身的な守備
photo-news
終盤体を張った守りを見せたMF菊地健太(JFAアカデミー福島U18)
photo-news
初戦で先制ゴールを決めたDF山口晏侍(藤枝東高、右)
photo-news
初戦で負傷を負ったMF鈴木魁人(清水ユース)は欠場。同じく負傷のGK青木心(JFAアカデミー福島U18)はベンチ入りしなかった
photo-news
高野はミスもあったが無失点勝利に貢献
photo-news
攻撃だけでなく、守備面での奮闘も光った新関
photo-news
中盤でボールを動かす山原
photo-news
良く体を張っていた宮本
photo-news
U-18日本代表撃破へ導いた鈴木伸幸監督(桐陽高)
photo-news
勝利を喜ぶイレブン
photo-news
コーチングスタッフも笑顔を見せていた


TOP