beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[総体]大津が初の決勝進出!熊本県勢29年ぶりVへ王手!!(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.7 全国高校総体準決勝 大津高 1-0 前橋育英高 韮崎中央公園陸上競技場]

 平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技は7日、準決勝を行い、大津高(熊本)対前橋育英高(群馬)戦は1-0で大津が勝ち、初の決勝進出を果たした。熊本県代表の決勝進出は85年大会で優勝した九州学院高以来、29年ぶり。大津は8日、初優勝を懸けて東福岡高(福岡)との決勝に臨む。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)
写真を見る
photo-news
大津が初の決勝進出
photo-news
多くのJリーガーを輩出してきた一方、勝負弱いと言われてきたチームが歴史を塗り替えた
photo-news
後半開始直後にビッグセーブ。1点を守りぬいたGK井野太貴(3年)
photo-news
2年生ながら堂々のプレーでチームを決勝へ導いたCB野田裕喜(2年)
photo-news
DFの中心として貢献度高いCB倉本龍吾(3年)
photo-news
チームの危険を回避し、正確なキックで攻撃を組み立てる
photo-news
右サイドから仕掛けるMF古庄壱成(3年)
photo-news
オープン攻撃で相手SBにプレッシャーをかけた
photo-news
後半精度の高いキックでチャンスメークしたSB野田裕喜(2年)
photo-news
左SB大塚椋介(2年)が身体を張ったキープ
photo-news
判断よくボールを動かすMF田原悟(3年)
photo-news
小柄だが球際に強く入る守備でも健闘
photo-news
平岡監督がその成長ぶりを認める元CBのFW一美和成(2年)
photo-news
前線で技術と強さを発揮してボールをおさめた
photo-news
スピードを活かしてゴールへ突破するFW橋田夏希(3年)
photo-news
“エースキラー”のDF時松拓海(3年)
photo-news
準々決勝でミドル弾を叩き込んでいるMF田中匠(1年)
photo-news
93年就任の平岡和徳監督。選手たちの頑張りに目を細めていた
photo-news
熱い声援を送り続けた控え選手たち。ただ目標は日本一だ
photo-news
日本一まであと1勝。全員で歴史に名を刻む

TOP