beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[総体]“赤い彗星”東福岡、17年ぶりとなる夏の全国制覇!(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.8 全国高校総体決勝 大津高1-4(延長)東福岡高 中銀スタジアム]

 平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技は8日、中銀スタジアムで決勝を行い、初優勝を狙う大津高(熊本)と97年以来17年ぶりの優勝を目指す東福岡高(福岡)が激突。1-1で突入した延長前半4分に東福岡の左SB末永巧(3年)が約50mのスーパーゴールを決めるなど東福岡が4-1で勝ち、2度目となる夏の全国制覇を成し遂げた。


▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014
写真を見る
photo-news
“赤い彗星”東福岡、17年ぶりとなる夏の全国制覇!
photo-news
ヘッドと声でチームを支えたCB小笠原佳祐(3年)
photo-news
リーダーシップを発揮してチームを鼓舞。「イインターハイ、プレミア、選手権3冠狙っている」
photo-news
コンタクトの強さ、1対1の強さを見せつけたCB加奈川凌矢(3年)
photo-news
「最高です。国体の時(準優勝で)本当に悔しかったので、絶対に優勝をものにしようと思っていた」
photo-news
相手のキーマン、葛谷将平をマークし、攻撃の起点にもなったMF近藤大貴(3年)
photo-news
「(優勝の)実感ないんですけど、笛が鳴った時嬉しかったです」
photo-news
右サイドの攻撃的SB堀吏規伸(3年)が突破を図る
photo-news
もっと走れるように、と誓うSBは「次は冬。日本一取るためにこれからも磨いていきたいです」
photo-news
今大会でブレイクしたひとり、MF中村健人(2年)
photo-news
活動量の多さと技術の高さ。「一日一日のトレーニングの積み重ねで意識も変わってきたと思う」というMFはさらに成長する
photo-news
7月から名門のゴールを守るGK脇野敦至(2年)。鋭い飛び出しと安定したセービングで優勝に貢献
photo-news
「次の選手権へ向けて日本一を狙っていかないといけないと思いますし、自分たちの代にもつなげていかないといけない」
photo-news
交代出場で3点目のゴールを決め、4点目につながるシュートも放ったFW餅山大輝(2年)
photo-news
MF山根つばさ(3年)は攻守で献身的な役割
photo-news
MF永田大樹(3年)は鹿児島実戦でゴールも
photo-news
森重潤也監督は監督として初の日本一に。「結果が出たことに対して逞しさを感じたし、彼らは強いなと感じます」
photo-news
名将・志波芳則総監督。全国の頂点に返り咲いた
photo-news
部員270名近い選手たちが激しい競争を経てひとつの塊となった
photo-news
名門復活のV

TOP