beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[大学選手権]お互い3点ずつ取り合った死闘、明治大が中京大をPK戦で下す(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.19 大学選手権1回戦 明治大 3-3(PK4-1) 中京大 川口]

 平成24年度 第61回全日本大学サッカー選手権が19日に開幕した。川口市青木町公園総合運動場の第2試合では、明治大(関東2)が中京大(東海2)を3-3からのPK戦で下し、8強進出を決めた。準々決勝では福岡大と対戦する。
写真を見る
photo-news
試合は点の取り合いに。いきなり前半7分にFW南部健造(2年=東京Vユース)が蹴り込み中京大が先制
photo-news
中京大は同点で迎えた後半14分にも中村がPKを決めて、再び勝ち越しに成功した
photo-news
だが後半41分、明治大MF岩渕良太(4年=F東京U-18、松本山雅FC入団内定)に起死回生の同点ゴールを突き刺した。試合は延長戦に
photo-news
MF三田啓貴(4年=FC東京U-18、FC東京内定)は後半途中から攻撃力を生かすためトップ下に移動した
photo-news
この試合では明治大の交代策もポイントに。延長後半4分には和泉竜司に代わってMF上松瑛(3年=洛南高)が投入される
photo-news
すると同7分、右サイドでフリーで受けた上松が豪快に左足を振り抜いた
photo-news
だが粘りを見せる中京大が同ロスタイムに再び試合を振り出しに戻し、試合はPK戦に突入した
photo-news
大勢の部員で埋まった明治大の応援スタンド
photo-news
開始前の集合写真撮影。弓矢ポーズでイレブンを和ませるDF長田海人(1年=東京Vユース)
photo-news
その後ちゃんとした集合写真も撮影
photo-news
プロ入団内定4人を抱えるタレント軍団の明治大
photo-news
PK戦を制して準々決勝進出。前回、3年前の優勝時もPK勝ち発進。吉兆となるか。次の相手は福岡大だ

TOP