beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権(U-18)]札幌U-18は敗戦もトップ監督就任の四方田監督“ラストゲーム”で決勝T進出(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.25 クラブユース選手権(U-18)GS第3節 札幌U-18 1-3横浜FMユース 敷島補助]

 第39回日本クラブユース選手権(U-18)大会は25日、グループステージ最終節を行い、Fグループでは2連勝ですでに決勝トーナメント進出を決めている横浜F・マリノスユース(関東6、神奈川)とコンサドーレ札幌U-18(北海道1)が対戦し、横浜FMが3-1で勝った。横浜FMは3連勝でグループ1位。札幌もグループ2位での決勝トーナメント進出を決めた。
▼関連リンク
【特設ページ】第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
写真を見る
photo-news
札幌U-18は敗戦もトップ監督就任の四方田周平監督“ラストゲーム”で決勝T進出。勝ち点、得失点差で並んだセンアーノ神戸ユースを総得点で上回った
photo-news
10年にわたり札幌U-18を指揮し、全国タイトルももたらした四方田修平監督
photo-news
後半13分、交代出場のFW仁科佑太が左足で貴重なゴール
photo-news
この1点が決勝T進出に繋がった
photo-news
抜群のスピードで相手を苦しめたFW徳田勘太
photo-news
鋭い抜け出しからゴールを狙った
photo-news
年代別日本代表経験者でもあるMF杉山雄太
photo-news
正確な技術を発揮
photo-news
球際で競り勝つMF久保田成悟
photo-news
札幌U-18のキャプテンマークを巻いて戦う
photo-news
最終ラインから縦パスを入れるCB前田海
photo-news
MF高嶺朋樹は思い切りの良いミドルシュートを飛ばした
photo-news
最終ラインの背後をカバーするCB濱大耀
photo-news
注目の1年生、193cm守護神・櫻庭立樹
photo-news
180cmの長身左SB本塚聖也
photo-news
鋭い仕掛けからクロスを放り込む
photo-news
前半、FW藤村怜が決定的なシュート
photo-news
交代出場のMF高野大が攻撃を組み立てる
photo-news
終盤に投入されたFW下田友也
photo-news
1-3で悔しい敗戦。だがこの直後に決勝T進出が判明。選手たちはホッとした表情を見せた

TOP