beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[総体]ポゼッションスタイルの東海大高輪台、東京予選で堅守も光る(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[6.11 総体東京都予選準々決勝 東海大高輪台高 2-0 駒場高 駒沢2]

平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)への出場権2枠を懸けた東京都予選の準々決勝が11日に行われ、東海大高輪台高駒場高に2-0で勝利。東海大高輪台は成立学園高との準決勝も勝利し、7年ぶりの全国大会出場を決めている。
▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016
写真を見る
photo-news
東海大高輪台は準決勝まで無失点。準決勝ではPK戦での強さを発揮したGK角田篤生(3年)
photo-news
終始安定したセービング
photo-news
堅守の中心となったCB佐々木駿(3年)
photo-news
無失点勝利を喜ぶ
photo-news
コンビネーション良くボールを前進させたMF高野颯翔(3年)
photo-news
中央突破、スルーパスで決定機演出
photo-news
力強い動きでゴールへ迫るFW小林慶伍(3年)
photo-news
右サイドから縦パスを入れるSB小林陸玖(2年)
photo-news
CB木下勇樹(3年)は準決勝で好守連発
photo-news
全国切符獲得を最終ラインで支えた
photo-news
MF水野団(3年)は昨年からの主軸のひとり
photo-news
エースストライカーのFW本藤悟(3年)は全国で爆発するか
photo-news
終盤に投入されたDF永野颯人(3年)
photo-news
就任1年目以来となる全国へチームを導いた川島純一監督
photo-news
応援も力に全国で躍進を遂げる
photo-news
昨年の東京勢の活躍に続くか、注目が集まる

TOP