beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

[国際ユースサッカーin新潟]U-17日本代表は新潟選抜に敗れて2位終戦(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.18 国際ユースサッカーin新潟第3節 U-17日本代表 1-2 U-17新潟選抜 デンカS]

日本、メキシコ、クロアチアのU-17代表チームとU-17新潟選抜が総当りのリーグ戦で優勝を争った「第20回国際ユースサッカーin新潟」は大会最終日の18日、最終節を行った。U-17日本代表はU-17新潟選抜と対戦。0-2の後半25分に交代出場のFW堀研太(横浜FMユース)がダイビングヘッドで1点を返したものの、1-2で敗れた。日本は1勝1分1敗の2位。クロアチアに5-1で快勝したメキシコが2勝1敗で逆転優勝した。
写真を見る
photo-news
U-17日本代表は新潟選抜に敗れて2位に
photo-news
チームの主将を務めたCB中川創(柏U-18)は悔しい敗戦
photo-news
最終ラインから好パスを配球したCB青山夕祐(名古屋U18)
photo-news
負傷を抱えるMF仙波大志(広島ユース)は今大会初出場。アグレッシブなプレーも
photo-news
先発したGK猿田遥己(柏U-18)は前半終了間際に悔しい失点
photo-news
力強い動きでゴールへ迫ったFW田川亨介(鳥栖U-18)
photo-news
中盤から攻め上がるMF小林真鷹(FC東京U-18)
photo-news
左SB桧山悠也(市立船橋高)がクロスを入れる
photo-news
MF中島元彦(C大阪U-18)はシュート4本を放つも無得点に
photo-news
右サイドから切れ込むSB藤松航矢(鳥栖U-18)
photo-news
右サイドからチャンスメークしたMF藤本寛也(東京Vユース)
photo-news
鋭いドリブルで左サイドを破ったMF渡井理己(静岡学園高)
photo-news
後半開始から出場したMF堀研太(横浜FMユース)は存在感あるプレー
photo-news
ダイビングヘッドを決めて3試合連続ゴール
photo-news
MF椿直起(横浜FMユース)は追撃ゴールをアシスト。決定的なシュートも
photo-news
後半開始から出場したSB石原広教(湘南ユース)が鋭く切れこむ
photo-news
GK若原智哉(京都U-18)はビッグセーブも見せたが1失点
photo-news
MF村田聖樹(川崎F U-18)は積極的にゴール前へ出没
photo-news
ボランチの位置から飛び出したMF井澤春輝(浦和ユース)はシュート4本もわずかに得点ならず
photo-news
最後のカードとして投入されたSB入間川景太(甲府U-18)

TOP