beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

ナイキが“得点力不足”に着手…フィニッシャー限定プログラムを鵬翔FW宇津元と京都橘FW梅津が先行体験、“ドラゴン”久保が直接指導(24枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ナイキジャパンは『JFA Youth & Development Programme(JYD)』事業の一環として、日本のフットボールに横たわる問題、「得点力不足」を解消するために“フィニシャーをつくりあげる”ことを目的に『NIKE ACADEMY TOKYO』を3月20日に開催する。この企画に先駆けて、特別トレーニングが開催され、鵬翔高のFW宇津元伸弥京都橘高のFW梅津凌岳が一足早くトレーニングプログラムを体験した。

3月20日「NIKE ACADEMY TOKYO」に参加したいプレイヤーはいますぐチェック
■エントリーページはコチラ

★『NIKE ACADEMY特設ページ』はこちら
写真を見る
photo-news
特別トレーニングを受けた鵬翔高のFW宇津元伸弥(左)と、京都橘高のFW梅津凌岳
photo-news
ナイキが日本の「得点力不足」解消に動き出した
photo-news
ゲスト講師として、元日本代表で“ドラゴン”の愛称で親しまれた久保竜彦氏を招へい
photo-news
ピッチで直接指導した
photo-news
裏への抜け出しが持ち味の宇津元
photo-news
確かなテクニックで得点だけでなく、攻撃の組み立てが得意な梅津
photo-news
久保氏に対して梅津は「優しく指導してくれた」と感謝
photo-news
大学生を相手に1対1でかわしにいく宇津元
photo-news
梅津も細かいステップでマークをはがし、シュートに持ち込む
photo-news
数的優位から得点を目指すトレーニングでは、面識がなかったの2人が連携してゴールに迫った
photo-news
視野が広く、周りをいかしたプレーが光る
photo-news
シュートを決められず、宇津元が悔しがる
photo-news
トレーニングの合間に2人で話し合う
photo-news
「正直、疲れた」と語っていた梅津だが、トレーニング中に笑顔も
photo-news
勢いよくゴール前に走り込み、ボールを呼び込んだ
photo-news
反応よく宇津元が頭で中央に折り返す
photo-news
久保氏の指摘に耳を傾ける
photo-news
ピッチの中で体を使って教えてくれた
photo-news
梅津も指導を受ける
photo-news
早速、指摘された点を修正
photo-news
疲弊した中でも光るプレーを披露
photo-news
この様子に久保氏もご満悦
photo-news
トレーニング終了後には、久保氏から今後取り組むことを伝えられた
photo-news
充実のトレーニングとなったようだ

TOP