beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

日大藤沢の勢いが止まらない…市船撃破で初の決勝進出(20枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.3 総体準決勝 日大藤沢高 1-1(PK5-3)市立船橋高 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンド]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)準決勝が3日に行われ、前回大会優勝の市立船橋高(千葉2)と日大藤沢高(神奈川2)との一戦は、日大藤沢がPK戦までもつれ込む激闘を制して初の決勝進出を決めた。日大藤沢は4日の決勝で流通経済大柏高(千葉1)と戦う。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

●【特設】高校総体2017
写真を見る
photo-news
ついに決勝まで登り詰めた日大藤沢
photo-news
指揮官やコーチの指示に耳を傾ける
photo-news
先制点こそ許したが…
photo-news
チーム一丸で勝利をつかみ取った
photo-news
クロス職人の右SB櫻井風我(2年)
photo-news
安松とセンターバックを組むDF竹繁颯音(3年)
photo-news
対人プレーで強さを発揮する
photo-news
チームを引っ張るDF安松元気(3年)
photo-news
スピードをいかえして左サイドを駆け上がったDF中村翔輝(3年)
photo-news
足もとの技術の高さも兼ね備える
photo-news
雨の1回戦で決勝点を決めたFW柏木純(3年)
photo-news
あの1点がなければ、チームはここまで勝ち上がることはできなかった
photo-news
2年生アタッカー、FW比留間輝は後半30分までプレーした
photo-news
FW桐蒼太(3年)は市船の守備網をドリブルで切り崩した
photo-news
アグレッシブな守備でもチームに貢献
photo-news
GK竹内暢希(3年)は前回王者の攻撃を1失点に抑えた
photo-news
ピッチの上を最後まで縦横無尽に走り回ったMF梶山かえで(2年)
photo-news
正確な展開力が魅力のMF小屋原尚希(3年)
photo-news
ボール奪取力も高い
photo-news
MF植村洋斗(1年)は後半34分に交代した


TOP