beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

プレミア初参戦で攻守に成長…米子北が鳥取城北を下して8連覇!(12枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権鳥取県予選決勝が28日に行われ、米子北高が鳥取城北高に4-0で勝ち、8年連続13回目の出場を決めた。

●【特設】高校選手権2017
写真を見る
photo-news
予選突破を決めた米子北。控えメンバーも一緒に「勝ちロコ」で喜びを分かち合う
photo-news
8年連続出場を決めた米子北。インターハイでの初戦敗退から巻き返しを期す
photo-news
前半、鳥取城北は何度かセットプレーのチャンスもあったが、米子北の堅陣を崩せず
photo-news
またしても決勝で敗れたが、笑顔で締めくくった鳥取城北。打倒・米子北への挑戦は続く
photo-news
米子北は開始3分、FW城市太志(3年)がロングシュート。GKの頭上を破って先制点となった
photo-news
2ゴールで流れを引き寄せた米子北FW城市太志(3年)
photo-news
左サイドからのスピードあふれる仕掛けで多くのチャンスを作った米子北MF坂田二千翔(3年)
photo-news
米子北のCKに対し、鳥取城北守備陣も懸命の対応
photo-news
米子北の前線でアグレッシブなプレーを見せたMF葉間田累(2年)が強烈な右足シュートでゴールを脅かす
photo-news
2点目以降は得点が遠かった米子北だが、後半21分に交代出場のDF鍛冶川友貴(3年)が蹴り込んで3点目
photo-news
4点目を決めた米子北DF井上朝陽(3年、左)がMF馬場琢未(3年)とハイタッチ
photo-news
カバーリングからボール奪取まで奮闘し、鳥取城北の最終ラインをまとめたCB松尾歩(3年、右)

TOP