beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

バイエルン、首位パリSG下すも2位で決勝Tへ…日本と対戦のレワンドフスキが先制弾(16枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ最終節が5日に行われ、B組の2位バイエルン(ドイツ)はホームで首位パリSG(フランス)に3-1で勝利した。

●欧州CL17-18特集
写真を見る
photo-news
バイエルンがパリSGに3-1で競り勝った
photo-news
W杯で日本と同組に入ったポーランド代表のFWロベルト・レワンドフスキは、前半8分に先制点をマーク
photo-news
相手の厳しい守備に遭い、不発に終わったFWネイマール
photo-news
敗れたパリSGだったが、直接対決の得失点差により首位通過となった
photo-news
敵地で天王山を迎えたパリSG
photo-news
前半8分にアラバのヘディングのパスからレワンドフスキが左足で決め、バイエルンが先手を取った
photo-news
MFフランク・リベリがレワンドフスキを祝福する
photo-news
前半37分にはMFコランタン・トリッソが頭で叩き込み、2-0とした
photo-news
雄叫びを上げるトリッソ
photo-news
MFハメス・ロドリゲスが正確な左クロスを送り、トリッソの追加点をアシスト
photo-news
パリSGの攻撃陣を引っ張ったネイマール
photo-news
後半5分にFWキリアン・ムバッペがヘッドで決め、1点を返した
photo-news
FWエジソン・カバーニの絶妙な浮き球のパスがムバッペの追撃弾を生んだ
photo-news
1点差に詰め寄られたバイエルンだったが、後半24分にトリッソがとどめの3ゴール目を奪取
photo-news
勝利を導く2得点の活躍
photo-news
パリSGは敗北を喫するも、ムバッペが挙げた1ゴールによって直接対決の得失点差で上回った

TOP