beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

「どんなシュートかも覚えていない」前橋育英のレベルにショック受けた上田西GK小山(4枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第96回全国高校サッカー選手権の準決勝が6日に行われ、前橋育英高(群馬)は上田西高(長野)に6-1で勝利した。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

●【特設】高校選手権2017
写真を見る
photo-news
31本のシュートを浴びたGK小山智仁(2年)は「多すぎてどんなシュートを打たれたのかも覚えていない」とコメント
photo-news
「訳わかんなくなった。(試合後は)全然何にも出来なくて、ロッカールームに戻ってから現実に戻った」
photo-news
6失点を喫しながらもビッグセーブを連発したが、「点数とかじゃなくて、レベルが違った。スピードとパワーが違った」
photo-news
今回の悔しさを糧に、さらなる成長を目指す

TOP