beacon
TOP > PHOTONEWS > 記事詳細

シュート0本のまま4失点…初公式大会の森保ジャパン、ウズベクに圧倒され8強敗退(28枚)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFC U-23選手権の準々決勝が19日に行われ、U-21日本代表はU-23ウズベキスタン代表に0-4で敗れた。

●AFC U-23選手権2018特集ページ
写真を見る
photo-news
ウズベキスタンに力の差を見せられ、0-4の惨敗を喫した日本
photo-news
4失点目の時点でチームのシュート数は0本だった
photo-news
内容もスコアも完敗
photo-news
森保監督が率いる初の公式大会はベスト8に終わった
photo-news
16日のGL第3戦・北朝鮮戦から先発10人を入れ替えた日本
photo-news
引き続き3-4-2-1の布陣で勝利を目指した
photo-news
北朝鮮戦でゴールを守ったGK波多野豪(FC東京)
photo-news
チームメイトとともに体を動かすGK阿部航斗(筑波大)
photo-news
DF柳貴博(FC東京)は北朝鮮戦で先発フル出場していた
photo-news
献身的にチームをサポートしたDF庄司朋乃也(金沢)
photo-news
左太ももに違和感があったMF板倉滉(仙台)は欠場した
photo-news
MF浦田樹(北九州)は同じ左ウイングバックの遠藤と交互に先発する形となり、今大会4試合中2試合に出場
photo-news
アップ中に笑顔を見せるMF長沼洋一(岐阜)
photo-news
ベンチで出場機会に備えたMF森島司(広島)
photo-news
FW小松蓮(産業能率大)はGL第1戦と第3戦で先発出場していた
photo-news
悔しい4失点となったGK小島亨介(早稲田大)
photo-news
DF原輝綺(新潟)は連続失点した時間帯について「本当に酷すぎた」とコメント
photo-news
右サイドから強気な姿勢で攻撃を仕掛けたMF藤谷壮(神戸)
photo-news
MF遠藤渓太(横浜FM)は左サイドで何度もドリブル突破
photo-news
岩崎との2シャドーで得点を目指したMF高木彰人(G大阪)
photo-news
MF井上潮音(東京V)はボールに多く触って攻撃の舵取り役を担った
photo-news
1トップで先発フル出場したFW田川亨介(鳥栖)
photo-news
精力的に動き回り、攻守両面で貢献した
photo-news
後半開始から岩崎との交代で途中出場したFW旗手怜央(順天堂大)
photo-news
MF伊藤洋輝(磐田U-18)は後半23分に井上と交代し、果敢に前線へ飛び出した
photo-news
屈辱の4失点となった日本
photo-news
1ゴールも返せないまま試合終了
photo-news
この悔しさを今後の成長につなげていきたい

TOP